100均セリアの可動式ドールボディでリンキーココを新ボディにした話

去年のこと。

おもちゃ屋さんでシルバニアを物色しつつ徘徊していたところ、なんかすごく可愛いドールを見つけた。

ドール沼のはじまりである。

それと同時にあのセリアから「可動式ドールボディ」が発売されたとの噂を耳にした。

「前置きはいいから、やり方!」という方は→ここから飛んでね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

# リンキーココというドール

私をドール沼に引きずり込んだ(言葉が悪い)ドールは「リンキーココ」という人形だった。

バンダイから発売されている商品で、ヨドバシなどで買うと通常2000~3000円だが、謎にたまにドンキホーテやセールで1000円程で叩き売りされている。(あまりの安売り具合に廃盤になりそうな不安すらある)

そんなリンキーココの沼ポイントは顔面の可愛さ。

うちの可愛いリンキーココの画像

目がスリープアイ(横にしたら閉じるやつ)になっており、まつげがバシバシに長い。

シンプルに髪は下ろしても可愛いし、三つ編みしても可愛い。

私の中の幼女が目をランランと輝かせた。

だかしかし!!

ボディ…!

ボディがお子さんの手に合わせたサイズなため、だいぶちっちゃい。

そして動くのは脚だけ。

これ、どうにかならないかしら。

# セリアは神か

セリアから「可動式ドールボディ」という商品が2020年に発売された。

ちょうどリンキーココと出会ってすぐに私もこの情報を入手した。

100均からドールボディが発売されることが《革命》だということはドール沼歴激浅な私でもわかった。

なぜなら、小さめドールボディでお馴染みの「オビツ11」についてめっちゃくちゃ調べていたからだ。

オビツ11のボディは肌の色が何種類かあったりして、可動式なのでさせたいポーズをとらせることができる。

オビツ11の天下。

「なんてステキな……うちのリンキーココも可動ボディにしたい」

と思ったけど、1600円くらいする。

そんな時に100均にドールボディがあるって知ったもんだから「と、とりあえず付けてみようかな」とか言ってみる(自分に)。

しかしさすが革命商品。

売り切れのためお取り寄せで、現物を見たのは2週間後。

ではこれより、

リンキーココのパワーアップ手術を執り行う

リンキーココボディをセリアの可動式ドールボディに交換する

【用意するもの】

  • セリアの可動式ドールボディ
  • リンキーココが1体
  • 爪切りについてる金属ヤスリ
  • ゴミ箱

①リンキーココの頭と体を分離

①と②はどちらが先でも大丈夫です。

スリープアイを避けて頭を、そして体をしっかり握り、

恐れずに引っ張る!

スリープアイは壊れやすいので注意。

個体によって軽い力で済んだり、めちゃくちゃ引っ張らないと取れないこともあります。(最終的に3体手術しました)

リンキーココはデフォルトの仕様で首をかしげた状態で固定できるように体側の首の中に金属の球パーツがハマる形で入っています。

頭と体の分離に成功すると、頭の方に球パーツが付いてきてそのまま頭の中にパーツがコロコロ〜と入ってしまいます。

取りのぞく方法もあるかもしれませんが、中に入っても特に問題ないと思います。

頭の中で動いて音がするのでは?と心配になりますが、スリープアイがカチャカチャいうのでどっちの音が鳴ってるのか全くわかりません。

②セリアの可動式ドールボディの首を金属ヤスリを使って加工

では、セリアの可動式ドールボディの加工のやり方です。

金属ヤスリを使って削ります

私は爪切りのでやりました笑

作業で細かい削りカスが出るので小さいゴミ箱の上かどこかでやった方がいいです!

リンキーココの頭はゴムっぽい素材ですがそこそこ硬いので、ドールボディの先端の引っ掛かりをある程度削って画像のように薄くします。

セリアの可動式ドールボディを金属ヤスリでこれくらい削る①

これくらい。

引っ掛かりの部分を残しつつ「ハの字」に削ります

全く段差をなくしてしまうと引っ掛からなくなってしまうので削りすぎには注意。

削らなすぎても入りません。

ちなみにボディを削ると独特の匂いがするのと、削りカスが細かくて口に入るとあれなのでマスクをして換気も一応すると安心かも。

削りカスはティッシュか何かで拭いてください。

別角度の画像↓

セリアの可動式ドールボディを金属ヤスリでこれくらい削る②

別角度ではこんな感じ

③頭と加工ボディを合体させる

リンキーココの頭と加工したボディを合体させます。

頭の穴にボディを当てている画像

合わせた感じ

頭とボディを合体させている画像

画像のようにスリープアイを避けた形で頭を持って、もう片方の手でボディを持ちます。

そして穴に押し込みます。

力が必要。

ぐぐぐっと押し込む。

顔が「私、今すごく押されてます」って感じでつぶれ気味になりますが、入ると信じて押します。

あまりにも入らない場合はボディの先端の太さを調整してください。

本当に顔がつぶれてしまうと泣きます。(自分が)

引っ掛かりを越えてハマった感じがしたら、頭を軽く引っ張ったりしてつぶれを整えてあげます

首の根元の画像

首の根元はこんな感じ。

正面から見るとこう。

首の正面からの画像

はい、可愛い!

顔の大きさともそんなに違和感ない感じ。

厳密にみるとボディの方は光沢があって顔はマット、色も少し違う。

でも、どうせ服を着るからわかりません笑

私はこれで十分、というか、リンキーココが約1000円でセリアボディが110円なので合計約1110円でこんなに可愛いのがやばい。

これでいい!

可愛いいいいい!!

# ざっくりしたサイズは

交換自体はそんなに難しくないって感じですよね~

最初は1体のつもりでしたが、可愛いしお手軽なので結局全部で3体お迎えして3体ともセリアボディに交換しました。

デフォルトボディは……とりあえずしまってあります。

じゃあ最後に身長のビフォーアフターです!

リンキーココの頭を縦に測ると約4cm弱。

デフォルトボディが10cm。

セリアの可動式ドールボディは11cm。

交換前は約14cm、交換後は約15cmとなります

身長的には1cmの差ですが、見た目はだいぶ変わります。

デフォルトでは頭に対して体がだいぶ小さいくて小学校1年生って感じですが、セリアボディに変えたあとは頭と体のバランスが良くなって高校生になったって感じ。

リンキーココの画像①

縦に長い画像ですいません

ちなみに靴ですが、リンキーココ付属のパンプスタイプならセリアボディでもギリギリ履けます

でもサンダルタイプは小さくてダメでした。

足の横幅が結構違う。

ドールの足の比較画像

セリアで可動式ドールボディ用の靴、発売されないかな~

|д゚)チラッ!圧

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告